« 山形の蔵王駅付近と福島県道74号線 | トップページ | 群馬県道74号線 »

2018年6月 9日 (土)

竜ケ崎駅と栃木県道74号線

Img_20180609_0001

茨城県の関東鉄道竜ケ崎駅です。そんなに変わったところはなさそうですがバスは新しくなったかな。
Img_9359
栃木県道は
Img_9360
塩谷喜連川線
塩谷町市街地から少し南に行ったところで県道63号と分かれて東に進む。写真の場所からゆるやかに丘を越えると片岡駅前で県道30号と重複する。踏切を越えるとしょぼい道で国道4号に接続し、そこからは荒川に沿って快走すると旧喜連川町市街地に入ってそのあと国道293号に接続して終点となる。喜連川がさくら市って言われてもやっぱりピンとこないな。
今日は梅雨の合間の貴重な晴れ間ということで、早朝から目がギンギン。ツーリングにいっちゃいました。
8時頃出発。国道23号は土曜日で普段は結構トラックが多いけど、今日は少な目。名古屋の折戸~北頭がノンストップという奇跡もおきました。
そこから先は十一屋で混んでましたけど、バイクなのでスルー。
ほぼノンストップ休憩なしで100kmほど走り、津駅に到着。
Img_2116
三重県の県庁所在地ですが、高架駅でもなく開かずの踏切があって裏の西側はこんな感じ。学生は多いかな。
伊勢おかき本舗で黒蜜とみたらし団子を1本ずつ食べて、
伊勢市の駅前にある山口屋で伊勢うどん。530円。くせになる味。11時半だったのでちょうど席がうまるところでした。12時だと並びますよ。
Dsc_0001
二見浦に行って夫婦岩や神社をチェック。
Dsc_0004
Dsc_0005
夏至になるとしめ縄の間から日が昇るので有名?ですが、そんな時にいったら大混雑するんで昼間で十分です。
結構観光客来ておりました。
Dsc_0002
乙な建物、賓日館もありましたが今回はまあスルー。
Dsc_0006
マコンデ美術館にも立ち寄りましたがここは誰もおらず。アフリカらしい大胆な彫刻がびっしりで1000円。高いけど美術とはそんなもんだよなあ。
ちなみにすぐ近くにある池の浦シーサイド駅は臨時駅ですが、列車は1日1本どころか1年に1本も停まりません。たぶんそのうち解体されそうなので早めに行った方がいいかも。
鳥羽まで行ったら伊勢湾フェリーの方が家には近いので、
750cc以上は4120円払って15:10のフェリーに乗りました。
バイクは2台。車は約10台、バス1台、トラックはなし。
昼間とはいえ少ない感じなので存続も危ういかも。新名神が四日市までつながったら渋滞もなくなるのでフェリーは厳しいかもなあ。
昔は師崎とか常滑にも行っていたから三河人には便利だったけど、伊良湖岬は家まで2時間弱かかるから高速より遅いんだよなあ。仮眠にはいいけどね。
とかなんとか考えながら18時くらいに帰ってきました。
これぞ日帰りツーリングだなと思うような楽しいツーリングでした。
走行距離は280kmくらいかな。

|

« 山形の蔵王駅付近と福島県道74号線 | トップページ | 群馬県道74号線 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竜ケ崎駅と栃木県道74号線:

« 山形の蔵王駅付近と福島県道74号線 | トップページ | 群馬県道74号線 »