« 青森駅と盛岡駅西口 | トップページ | 猿羽根山の新奥の細道と福島県道71号線 »

2018年3月 4日 (日)

宮城の田んぼと秋田県道71号線

Img_20180304_0001
宮城県某所の田んぼです。藁を乾燥させる方法は地方によって違いますが、この後棒にかけるのなら三河と一緒だけどどうなんだろう。
Img_6127
秋田県道は
Img_6128
大曲横手線
秋田道の大森PAのすぐ近くで県道36号と分かれて東に進む。秋田道に沿って雄物川を渡ると一旦角間川の集落に入って南に向きを変える。集落内は写真のようにやや狭いが、田んぼ道になると快走路となる。広大な田んぼと時折現れる集落の繰り返しでいつの間にか国道13号にぶつかって終わる。
本日は暇でしたので、インテークのやすりがけをしてから8時半出発。休日なのに7時になると起きてしまうのは年のせいか。
鳴海からバスでほら貝。相生山から桜通線で名古屋。ビックカメラで買い替えたUQモバイル充電用のタイプCケーブル購入。マイクロSDカードは売り切れていたのでまあなくてももつかな。
大垣まではJR。青春18きっぷを利用開始。それらしいでかい荷物を持った人もちらほら。
大垣でバスにのり十六町までいって垂井駅まで歩き。駅前で食事でもと思ったが、国道沿いにしか店はなく・・・。我慢して列車に乗り込みました。
Dsc_0003
米原行きの列車はクロスシートの片側が埋まる程度。それにしても荷物を横に置いたままとかスーツケースをシートのところに置いてある人って・・・。自分のことしか考えてないんだろうね。
Dsc_0006
関ケ原では食事しようかと思いましたが、
Dsc_0004
古戦場付近にあると食べログにあった場所がもう更地になってました。情報が古いな。
Img_1469
せっかく来たので電車撮影タイム。
Img_1475
Img_1479
次は柏原駅。
Dsc_0007
中山道の宿場町ですが人はまばら。
Dsc_0009
それでもうどんをたべられる喫茶店はありました。
Img_1497
伊吹山もきれいに見られましたが風は強かったです。暖かい風ですが。
Dsc_0011
最後は近江長岡駅。
Img_1516
伊吹山をバックに撮りましたが、まあこんなもんでしょう。
Img_1513
そして、安城まで帰ってきて名鉄で自宅へ。
大きな荷物を運んでいる人は手荷物料金取ってほしいよと思います。普通電車にスーツケース(飛行機でも持ち込めないサイズ)って、いったいどこに行くんでしょうかね。
自分は30Lのリュック一つで北海道も沖縄も行きますけど。服なんてずっと一緒(洗濯乾燥機付きのホテルで洗濯すればいい)ですけどね。仕事で滞在するにしても荷物なんて宅急便で送ればいいだけだし・・・頭悪いのかな。

|

« 青森駅と盛岡駅西口 | トップページ | 猿羽根山の新奥の細道と福島県道71号線 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮城の田んぼと秋田県道71号線:

« 青森駅と盛岡駅西口 | トップページ | 猿羽根山の新奥の細道と福島県道71号線 »