« 2007年初日の出と芦原温泉駅の裏 | トップページ | 岐阜県道67号線 »

2017年10月 3日 (火)

身延駅と長野県道67号線

Img_20171003_0001
山梨県の身延駅です。16年前と変わっていませんね。バイクで国道52号などを走っているとちょうど休憩したくなる場所ですね。
Img_20171003_0001_2
長野県道は
松本和田線
Img_20171003_0002
松本城のすぐ東で国道143号と分かれて東に向かう。しばらくは市街地であるが、徐々に田んぼと住宅が混在するローカルムードが漂っていき、気が付けば山の中へ。山区間は大型車進入禁止の狭い道。扉温泉から先はヘアピンカーブにガタガタ道で、ジムニーにはヤッホーな道だが、一般車やオンロードバイクは気を使うでしょう。扉峠までは冬期以外よもぎこば林道の方が走りやすいです。ビーナスラインだあと思ったら、県道はすぐに山を下りていきます。こちらも道が狭く大型車は通れません。普通の人は通らない方が無難でしょう。
ラスベガスで銃乱射とかあっても、銃社会だから撤廃はないんだろうなあ。日本だと政府の一声で文句はいいながらも消費税は勝手にあがるし、マイナンバーも結局発行された。
アメリカは自由の国とは言うけれど、イスラムとか人のせいにして自分たちは銃を持つのはまあ自分勝手な国なんだろうか。
アメリカの映画は嫌いではないけれど、拳銃の扱いが雑というかなんでも銃を向けて相手打ち負かそうという姿勢がどうもなあ。日本のやくざ映画やバイオレンス系も拳銃が出てくるだけでその映画は見るのをやめたくなります。
トラック野郎など拳と拳、運転の腕とかそういうのならまだ納得できるんですけどねえ。
まあ、アニメのルパン三世のように、相手を選んで弱者を助けるためならいいけど。自分の保身のため、相手を跪かせるためってのはどうもなあ。
日本はやっぱり平和だなあと思います。

|

« 2007年初日の出と芦原温泉駅の裏 | トップページ | 岐阜県道67号線 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身延駅と長野県道67号線:

« 2007年初日の出と芦原温泉駅の裏 | トップページ | 岐阜県道67号線 »