« 国道53号線 | トップページ | 余呉湖付近を走る419系と京都府道67号線 »

2017年10月11日 (水)

三重県道67号線

Img_20171011_0001
一志嬉野線
Img_20171011_0002
旧一志町(津市)の北東、県道15号と伊勢道がクロスする手前の庄村交差点から南下。近鉄の踏切を渡ってすぐに交差点があるが、こちらは優先道路なので注意して進みましょう。伊勢道の一志嬉野インターを過ぎて旧嬉野町(松阪市)に入ったところの県道30号で終点となる。インター連絡道路で結構交通量は多い。
10月8日(日)の記録
Dsc_0014
鳥取から若桜鉄道の始発に乗ろうと張り切ったものの、
7:23 655D 智頭行き が始発でした。その次は9:45発なので乗り遅れるわけにはいきません。
Img_0746
国鉄型の列車が未だ健在なのは嬉しいですが、地元民は早くもっとスピードの出る列車にしてくれと思ってるかもしれませんね。
7:38 郡家で乗り換え
7:43 1353D 若桜行きに乗車。次の八頭高校前までは高校生でいっぱい。3分ほどです。
8:14 若桜に到着。車だと30分くらいだから670円で遅かったら乗らないよね。
Dsc_0015
Dsc_0013
この写真は7日に撮ったものです。
駅前の駐車場は当然無料。活用したいものです。
せっかくなので若桜宿をブラブラ。誰もいないな。
Dsc_0017
8:33 駅前を出発。
県道103号に参ります。
Img_0750
しかし、道は途中で通行止め。復旧や開通の見込みはなさそう。トレッキングなのか釣りなのかをする2人組も車で来て着替えてました。もう少し余裕があれば歩いて走破したいのですが、3連休だけじゃ足りません。仕方なく先はあきらめて米子方面を目指します。
鍛冶屋温泉で朝風呂。400円
9:36 597.5キロ 道の駅はっとうでお土産のマスカット購入。ぶどうやカキが旬です。
安部駅で寅さんの撮影時の写真を眺めているとちょうど列車が到着。
Img_0760
Img_0768
スズキの隼がラッピングされているのは沿線に隼駅があるご縁か。ちなみにトイレもスズキが寄贈してました。
船岡竹林公園に行くと、ちょうど内藤満里子という愛知になじみのある方が芸術作品を展示していました。1000円(2日間通し券だから)は高いですが、せっかく来たというのと愛知県民だからということで一応見ておきました。
Dsc_0021
夜に来るとランプが灯って幻想的でしょうけど、昼間だと・・・。まあ奈義町の例もあるし、現代アートは理解するものではなく、感じるものということかな。
すぐ隣のやずミニSL博物館も大人は入場料がいるのが・・・。体験乗車も100円だったので、見るだけにしておきました。
スマホはSDカードに容量がなく、写真は25枚程度でいっぱいになります。昔のフィルムカメラみたいだな。というわけでSLの写真はなし。
くだんの隼駅にも一応立ち寄り。
Img_0780
この人は隼ではないですが、周囲に隼は2台来てました。スズキもまさかこんなつながりが出るとは思わなかったでしょうね。
Img_0778
ちなみに寝台特急はやぶさの客車も1両おいてあり、カーペットが敷かれているのでライダーハウスにもなるのかな。やっぱり寝台特急は料金さえ安ければ需要あると思うんだけどな。ネットで早めに買えば安くなるのならバスよりよほど乗りたいんだけど。富裕層しか乗れないのって誰を見て商売しているのかと思います。
12:10 道の駅かわはらで食事。619.8キロ
ついでに河原城にも立ち寄り。
Dsc01717
天気よくて長袖だと暑かったです。
米子に向かう割には結構観光地を巡ってますな。
鳥取大学では学園祭してましたが、知り合いいないし通過。
13:52 宝喜温泉 651.8キロ
Img_0791
鉢伏山にも立ち寄って
Img_0795
コナンの町になった北栄町。由良駅前もすっかりコナン一色。
Img_0793
観光客も結構多かったから、やっぱり知名度高いんだなあ。ここもまさか青山先生がこんなに協力してくれるとは思わなかったんだろうなあ。愛知県民だと結構出身を隠す人多いからよくわからないなあ。
さすがに夕方も近いので観光はやめて山陰道で一気に米子へ。
楽天トラベルで米子のホテルをチェックすると、大山、市内、皆生温泉とちらほらありました。車も手軽に止められる皆生温泉のアウトバスホテル5500円を予約し県道巡り。
 
18:51 せっかくなので皆生温泉の日帰り入浴をして、
和風出汁ラーメン食べてチェックイン。
テントより全然ましですな。
都市部が近いとやっぱりテントよりホテルを選んじゃうのが40代のオヤジといったところでしょうね。結局テント使わなかったな。まあ緊急野宿用だからな。
本日の走行距離 244.8キロ
総走行距離    814.6キロ
これぐらいが普通の観光客かな。
 
 

|

« 国道53号線 | トップページ | 余呉湖付近を走る419系と京都府道67号線 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三重県道67号線:

« 国道53号線 | トップページ | 余呉湖付近を走る419系と京都府道67号線 »