« 岡山県道67号線 | トップページ | 山口県道67号線 »

2017年10月18日 (水)

広島県道67号線

Img_7793
馬木八本松線
Img_7794
東広島市の南端、旧黒瀬町(東広島市)との境にある東広島呉道路の馬木ICから北上。広島大学のキャンパスを抜けて、七ツ池公園を過ぎ、国道2号をくぐると八本松駅前で終点となる。大学もあるせいか意外と交通量は多い。
あおり運転も事故があってようやく注目されるようになったけど、何を今さらって感じですね。
車間距離をあけて走るというそれだけのことができないのは、そうするのが非常に精神的にも運転能力的にも難しいということでしょう。
たぶん車間距離は制動距離+空走距離だと思っている人が多いと思いますが、それはぶつからない最低距離であって、実際は渋滞中でも交差点の停止線で停まれる距離だと思います。
それだけ開けとけば、駐車場から出たい車もスムーズに出られるし、対向車の右折車にも道を譲れます。
相対速度というものがわかってないので、車間距離詰めてもつく時間は同じなんだけどどうして詰めたいのか。それは、距離感が無いからですね。
特に女性だと前の車にぴったりつかないと不安な人が多いように感じます。性格的なものかな。
自分だと6台くらい前の車を見て早めにブレーキ、早めに加速用意(MTなので、ギヤを入れます)します。車高のせいかもしれませんが、前見えないのかな。
渋滞時の合流でも、車間距離あけてればエンジンブレーキだけで対処できますし、自分が合流する時はぎりぎり端っこで合流します。徐々に寄せていけば名古屋や三河ナンバー以外たいてい入れてくれます。入れてくれなくても1台行かせてぴったりバンパーをこする気もちで入り込めば大丈夫です。
そうするとたいてい後ろから車間を詰めるアホがいて、走行車線や路肩から強引に抜く奴もいますが、まあ先に行かせてやりましょう。
ブレーキを踏まれても車間距離取れば余裕で避けられます。止まられたら4WDのLOWレンジでぶつけてやろうと思いますが、そこまでするアホはまだいません。
以前国道23号で黒プリウスに妨害されましたが、まああんなことは日常ですから。バイクだと性能差があるしすり抜けるので全く恐れるものはないですけど。
スピード違反取締なんて、効率悪いことやめて、車間距離を測って注意、警告、反則金の3段階くらいでどんどん捕まえてほしいものです。
ドライブレコーダーで速度と車間距離をチェックして警察に送るシステム作れば一発なんだけどなあ。後ろについてないとあれだけど。

|

« 岡山県道67号線 | トップページ | 山口県道67号線 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島県道67号線:

« 岡山県道67号線 | トップページ | 山口県道67号線 »