« 北海道道67号線 | トップページ | 満月と秋田県道67号線 »

2017年9月21日 (木)

下北交通大畑駅と岩手川口駅

Img_20170921_0001
青森県の下北交通大畑駅です。2001年で廃止となってしまいましたが、バス事業は健在ですので、駅舎は今でも残っているようですね。写真を撮ったものの下北交通の名前がなかなか出てきませんでした。まだまだマニアには程遠いといったところです。
Img_20170921_0002
岩手県は岩手川口駅です。今はJRでなくいわて銀河鉄道になっていますが、建物は変わっていないようです。
Img_20170921_0003
1994年当時はまだ客車の普通列車が健在でした。18きっぷや周遊券で東北や山陰に行くと、ブルートレインではなく普通の客車列車に乗れるのがとても新鮮でした。
発進時にガツンと揺れる衝撃体験は、やっぱり乗らないと分からないでしょうね。
電車化に反対するつもりはないですけど、座席だけはボックスシートかクロスシートを残してほしいものです。
まあ、地元で利用するのは短距離利用ばかりでしょうけど、これからシニア世代を取り込むのだったら、荷物を横に置いて食事して車窓を眺めたい人が多いでしょうから考えてほしいと思います。
新幹線や飛行機が便利になったおかげで、長距離移動してから18きっぷを使う人もいるようですし、ネットの口コミの影響で今やどの年代の男女問わず18きっぷを知らない人はいなくなっているように感じます。
まあ利益的にはもうからない切符でしょうから、JRも廃止したいのかもしれませんが、通年休日使えるようにして、私鉄、高速バス、新幹線、飛行機、フェリーなんかとコラボさせたら可能性は無限にある気がするのでいろいろ考えてほしいですねえ。
そのうちビジネスマンも出張なしで、テレビ会議やLINEで済ませることもあるだろうし、待っていてもお客は乗らないという危機感を抱いてほしい気がします。富裕層だけがシニアではありませんよ。

|

« 北海道道67号線 | トップページ | 満月と秋田県道67号線 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下北交通大畑駅と岩手川口駅:

« 北海道道67号線 | トップページ | 満月と秋田県道67号線 »