« 葛城登山口駅と和歌山県道63号線 | トップページ | 備中高梁駅と広島県道63号線 »

2017年4月29日 (土)

菜の花と立久恵峡

201304281415151
鳥取県はついにネタが切れたので、2013年4月28日より、三重県一志付近の菜の花です。
特にこれといったものはなし。

Img_20170429_0001 島根県は立久恵峡ですが、以前お地蔵さんをアップしたような。

春休みに出雲に行きましたが、その時には行きませんでした。

いよいよGWですが、公務員ですので、カレンダー通りに1,2は仕事のため、普通の休日です。

午前は学校の児童名簿作りを完成させて、一安心。

午後は、自転車の後輪のタイヤがまたパンクしたので、もうパッチはやめてチューブごと交換しました。

クロスバイクだとパッチじゃもたないのかな。

なにはともあれ、700cの28というよくわからんタイヤサイズだったので、それ用のチューブと、外側のタイヤもすり減っていたのでついでに買って、リムテープも買いました。

バイクでもタイヤ交換しているので、似たような感じですね。

チューブタイヤだからすぐにはまるし。

ただ、ネジのサイズが15だったため、バイク用がはまらず、またまたホームセンターに15のラチェットを買いに行きました。

ギヤやチェーンがあって、後輪はやりにくいかと思ってましたが、ブレーキはVブレーキですぐに外れ、車体をひっくり返して横の15のネジを外し、変速機の部分を持ち上げてやれば簡単にホイールごと外れました。

うーんバイクと似たようなもんだな。

最初だけはタイヤレバーを使いましたが、すぐに手で外れるレベル。バイクより格段楽です。リムテープも千枚通しでピロッと外し、まずはリムテープを貼り付け。

バイク用のビードワックスが余っているので、それでホイールをつるつるにしてやれば、タイヤはすぽっとはまり、中にチューブを入れて、チューブがかまないようタイヤをはめて出来上がり。

バイクだとレバーがないときついですが、自転車なので、タイヤを回転させながら均等にはめていくとビードワックス効果もあって簡単にはまります。

あとは空気を入れて異常がないか調べ、車体に戻すだけ。

最初だけチェーンをギヤに嚙合わせるのを間違えなければ簡単です。6速ギヤなので6速に入れておくと楽でした。

ネジを締め、外で試運転。気分が違うなあ。

前輪もそのうち変えようかな。

|

« 葛城登山口駅と和歌山県道63号線 | トップページ | 備中高梁駅と広島県道63号線 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菜の花と立久恵峡:

« 葛城登山口駅と和歌山県道63号線 | トップページ | 備中高梁駅と広島県道63号線 »