« 熱海駅構内と愛知県道61号線 | トップページ | 彦根駅と京都府道61号線 »

2016年12月12日 (月)

三重県道61号線

Img_20161212_0001
磯部大王線

Img_20161212_0002 旧磯部町(志摩市)中心街を抜け、(国道167号の旧道)穴川からは伊雑ノ浦沿いにしばらく走り、パールロードの下をくぐって狭い山道を抜けると太平洋が見え、国府白浜海水浴場を過ぎ、旧大王町(志摩市)の大王崎付近で国道260号にぶつかり終了。国道に並走しているが、道は狭いところも多く地元車以外はあまり使わないかも。

愛知、岐阜、三重と東海地方としてくくられることが多いが、愛知の縮尺と三重、岐阜の縮尺は2倍ほど違うため、

実際に走ってみると、三重や岐阜の端まで行くより東京へ行った方が早いのはよくある話です。

まあ、今でこそ三重は紀勢道、岐阜は東海北陸道があるので、東京と互角な時間になりましたが、

開通前だったら、高山とか熊野なんて日帰り出張できない場所でしたね。

東京は飛行機、新幹線、高速バスが充実しているので、どこでも日帰りか1泊くらいで行けるからビジネスマンは逆に出張の楽しみが少ないかもなあ。

今は教員で市外へ出張するだけでも申請しなければありませんから、そんなときは会社員時代のことを思い出します。

|

« 熱海駅構内と愛知県道61号線 | トップページ | 彦根駅と京都府道61号線 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三重県道61号線:

« 熱海駅構内と愛知県道61号線 | トップページ | 彦根駅と京都府道61号線 »