« 岡山県道61号線 | トップページ | 山口県道61号線 »

2016年12月20日 (火)

広島県道61号線

Img_7657
三次庄原線

Img_7658 三次市の南部で国道375号と分かれ、なだらかな山に囲まれた道を進むと尾道道の三良坂IC。国道184号と少し重複し、再び山の中の田舎道を進んでいくと庄原市内に入る。交通量は少なめなので快走できる。

冬休みまであと2日の出勤。ロッカーの整理整頓とか机の中の掃除とかをしていますが、明日までは給食もあるし、全然年末という感じがしませんね。

昔は時間に余裕があって、半日で帰る日も多かった気がしますが、(土曜日も半日だったけど)今は保護者に余裕がないので限界まで給食です。

文部科学省の決めている時間数は十分こなしているはずですが、小学校だと行事が多いので、道徳だったのが算数になったり、音楽が1日3時間くらいあったりするけれど、

申告は・・・・(言わないでおきましょう)

要するにロスが多くて、まともに45分しっかり授業する時が少ないから、教科書が終わらない>詰め込み授業になるというわけです。

今は特別支援なので、授業の進み具合は子供に合わせていますけど

普通学級の時は、学期末までの進度を週ごとに決めておいて、授業を進めてました。

「お願いします」とか無駄なあいさつで時間を取らず、全員そろってなくても授業開始。

最初の5分は復習問題や音読フラッシュカード、次の20分は教科書に沿った内容、次の15分で練習問題、漢字問題を出して、あとの5分は調整時間。宿題を忘れた子に宿題をやらせたり、係の仕事、鉛筆削り、読書と教室内でフリータイムを設けるともし授業が延びても余裕で終われます。

子供が次の授業も楽しみだと思わせるところで授業を終わらせるのがいいと自分は思います。

「時間を守れ」と言うくせに、会議は定時に終わらないとか、話が長いとかいう人もまだまだ多いです。教師だけに言葉は達者ですけど、しゃべらずに聴ける人はどれだけいるのかなと思います。

なんて偉そうなことを言ってますが、自分も人から見れば・・・

他山の石を教訓にがんばろうと思います。ってなんの話だったかな。

|

« 岡山県道61号線 | トップページ | 山口県道61号線 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島県道61号線:

« 岡山県道61号線 | トップページ | 山口県道61号線 »