« 宮ケ瀬湖 | トップページ | 富山県道59号線 »

2016年8月25日 (木)

新潟県道59号線

Img_6838
大和焼野線

旧大和町(南魚沼市)の県道58号との分岐から始まる。後山トンネルを通って国道252号に合流する道だが、冬季閉鎖されるのと道が狭いところもあるので、知っている人はショートカットルートとして使ってるのでしょう。この辺りは豪雪地帯の割にはゲートとかあるわけでもなく、自然の力で通行止めにされるので、無理に突っ込まないよう。

Img_6839 今日は休みだったので、始発電車に乗って八百津へ行き、国道418号の通行止め区間を歩いてきました。

コミュニティバスで人道の丘で降りるところをめいそうの森まで行ってしまい、地形図では国道に下りられそうなのに、実際は落石防護ネットがあって降りられません。

仕方ないので道路となるべく近くなる部分を探して、3mくらいの高さからツタなどを使って下りました。

しかし、体重に耐えられず見事落下。バランスを崩して右の足に荷重がかかったためふくらはぎの筋が傷んだようです。

歩けるのは歩けるが、速度は半分くらい。でもまだ9時なので、がんばって歩きます。

ワイドミリオン全日本地図のとおり、深沢峡のつり橋まではさくをどければ車でも行けます。

そこから先はゲートががっちりしまっているので、バイクや車は無理そう。
ただ、自転車なら脇をすり抜けられるので、走れます。

実際バードウォッチングの方が3名自転車で訪れていました。笠置ダム側のゲートは頑丈なので、ちょっと気合いが要りますけど。

以前はがけ崩れがひどかったり岩があったりしたようですが、今回通って見た限りでは何もありませんでした。

まあ、路肩はもろいし草はぼうぼう、ヒルはくっつくので状態は良くないですが、別にゲート開放してもジムニーや軽トラなら余裕で走れそうでした。

ただ、バイパス建設も進んでいるし、南側の県道65号を走れば迂回可能なので、これからも放置される運命なのでしょう。

本当はスマホで写真撮ってたんだけど、データは消えてるし。まあいいか。

ちなみに深沢峡で12時となり、持っていったカップラーメンを食べ、14時半に笠置ダムへ到着。

地図だと数キロなんだけど、足が動かん。

国道418号の上り坂を歩き、奥山足16:10のバスで武並駅へ戻りました。

通行止め区間だけを歩くなら片道2時間半、往復5時間見ておけばいいし、自転車があればたぶん片道50分、往復2時間弱でしょうかね。

笠置ダムにはダム関係者がいるので、できれば深沢峡から攻めるのがいいでしょう。

バスで行くなら八百津町方面は人道の丘南から丸山ダムに入るのがいいでしょう。
帰りは奥山足の他に川沿いに河合というバス停も利用できます。

逆から行ってもいいですが、本数が少ない(休日には0のところも)ので調べてから行きましょう。

くれぐれもめいそうの森には入らないように。入ったら無理せずハイキングコースを歩いて丸山ダム方面へ行きましょう。

獣道は疲れるだけです。

以上酷道418号の記録です。

|

« 宮ケ瀬湖 | トップページ | 富山県道59号線 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新潟県道59号線:

« 宮ケ瀬湖 | トップページ | 富山県道59号線 »