« 高知県道53号線 | トップページ | 高知県道55号線 »

2016年7月28日 (木)

高知県道54号線

Dsc01619
魚梁瀬公園線

高知県東部の北川村のさらに山奥にある久木ダム付近からさらに山奥の馬路村魚梁瀬ダム、魚梁瀬大橋へと進む道。ダム湖の景色はきれいだが、道は狭い部分も残りダンプも走る。森林鉄道公園や温泉もあるものの本当に秘境のような場所なので、ガソリンは入れてから来ましょう。
Dsc01620
昔は森林鉄道が通ってにぎわった地区だが産業構造の変化によって本当に静かなところになってました。

ちなみに魚梁瀬は馬路村だけど、馬路村中心部へはこの県道を通って北川村を通らないとたぶんたどり着けない。

和歌山県には飛び地の北山村があったりするけど、産業と川の流れとの関係を考えると飛び地も納得できるので、こういうところは実際行ってみると面白い。

今日は休みなので(何だか平日に休むといけない気がするのが小心者だな)
稲沢、尾張一宮駅周辺をブラブラ。

Img_8593 稲沢駅にはJR貨物の駅も隣接していて、見学されている人もちらほら。う~ん一人じゃなあ。

Img_8604 尾張一宮駅で降りると七夕まつりが始まってました。まあ、本格的なのは金曜夜~日曜日でしょうが、飾りつけはありました。

Dsc_0002 三河に住んでいるので七夕まつりは安城に行ったことは(35年前に)ありますが、一宮は初めてでした。

まあ、飾りを見ても別に何がいいのかわかりませんが、子供たちやカップル、家族連れには出かける大義名分になるんでしょう。

出かけたついでに学校で使うコンセントとかちぎれそうなベルトとか新書を買ったりとか

やっぱり経済効果もありそうですな。

昼飯はきしめん定食500円で決まりだね。

Dsc_0001 それにしても昔はしょぼくて暗いイメージの駅舎だったのに図書館も入った立派なビルになったなあ。

Dsc_0004 名鉄側は変わってないけど。

バスに乗って宮田本郷まで行って少しウォーキングして帰ってきました。

休みだとろくなことしてないな。

|

« 高知県道53号線 | トップページ | 高知県道55号線 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高知県道54号線:

« 高知県道53号線 | トップページ | 高知県道55号線 »